カテゴリー

     
     
     
     

    トップ > 京焼清水焼 ■山本商店 > 京焼清水焼 _湯呑み 酒器 グラス カップ

    京焼 京焼

    京焼 清水焼

    京都の東山地域を中心とする京窯で焼かれたやきものをさして一般に京焼とよばれます。 京焼は、江戸時代に茶の湯の普及を背景にして広がりました。野々村仁清が本格的な色絵陶器を始め、また、尾形乾山が兄光琳と共作で「乾山風」と呼ばれる独創性をつくりだして、元禄期に東山地域の多くの窯で色絵陶器が茶陶を中心に盛んに焼成されました。さらに、文化・文政期に入ると、伊万里磁器が大量に流入したこともあり、色絵陶器を伝統とした京焼においても、奥田頴川が本格的な色絵磁器の焼成を始め、その技法を青木木米が受け継ぎさらに芸術性を高めて本格的な磁器の焼成が始まり、この時期に多くの陶磁の名工たちが輩出し、華麗な京焼が花開しました。
    現在まで、その伝統の技法は受け継がれて、華やかで雅なそれでいて趣のある茶陶磁、花器、割烹食器、食器などが作り出されています。

    京焼清水焼 _湯呑み 酒器 グラス カップ

     酒器

     湯呑み/フリーカップ/酒グラス

    全12件

    こだわりの手しごと三春の【 お祝い プレゼント ギフト 引き出物 】
      




    生活雑貨・キッチングッズに戻る

    ページトップへ