カテゴリー

    • 楽天ペイ

    トップ > 切り絵 ■杉江みどり > 一筆箋 切り絵『苧環(おだまき)』 一冊(30枚綴り) ■作家 杉江みどり
    [インテリア雑貨・文具] > 文具・ステーショナリー > 一筆箋 切り絵『苧環(おだまき)』 一冊(30枚綴り) ■作家 杉江みどり

    一筆箋 切り絵『苧環(おだまき)』 一冊(30枚綴り) ■作家 杉江みどり

    切り絵 一筆箋 切り絵『苧環(おだまき)』 30枚綴り
    文楽をテーマにした切り絵の一筆箋

    苧環(おだまき)は「糸繰り」のことです

    「白と赤の糸を結び合わせると思いが
    変わらない」と言う七夕祭りの
    言い伝があります


    『苧環(おだまき)』は、
    文楽の演目「妹背山婦女庭訓」
    (いもせやまおんなていきん)に
    登場する


    お三輪の恋のシンボルです

     

    杉江みどりさんの切り絵の題材には、
    人形浄瑠璃『文楽』をテーマにしたものが多く
    太夫(浄瑠璃)と三味線、そして人形が
    それぞれ対峙しながら、それでいて緊密に
    絶妙なバランスで人情の機微や壮大な歴史の
    叙事詩を描きだす『文楽』の情景を
    見事に切りだしています。

    *作家作品紹介ページはこちら からどうぞ*

    *---------------------------------------------------------*
    『 あらすじ 』
    杉酒屋の娘お三輪は、隣家の烏帽子折(えぼしおり)の求女(もとめ)に
    恋をして、紅白の苧環に願(がん)をかけます。

    その求女のところへ、求女に恋する良家の姫が忍んで来て、
    お三輪と恋争いになります。

    逃げる姫に赤い糸をつけて求女が追う。
    その求女に白い糸をつけてお三輪が追って行きます。


    実は、求女は藤原鎌足の息子藤原淡海の仮の姿で、
    姫は謀反人蘇我入鹿の妹の橘姫でした。

    何も知らずに入鹿の御殿「金殿」に迷い込んだお三輪は、
    いつの間にか入鹿討伐に利用されるはめに。
    入鹿討伐は成就しますが、哀れ、お三輪は殺されてしまいます…。

    妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)は、
    いろいろな伝説を織り込んだ浄瑠璃で、

    この「お三輪のくだり」は、三輪伝説と七夕祭りの
    言い伝えをもとにつくられています。

     

    ■三輪伝説
    昔々、大和の国に住む女のもとに素性を隠した男が通ってきました。
    女は、男の正体を知りたくて、男の着物の裾に糸をくくりつけて後を追います。
    辿りついた所は三輪山。男は三輪の神さまでした。
    *---------------------------------------------------------*

    切り絵 一筆箋 切り絵『苧環(おだまき)』 30枚綴り
    商品コード : S02-CW-B00118
    製造元 : 杉江みどり
    価格 : 378円(税込)
    一筆箋
    ポイント : 15
    数量
     

    日本

    かごに入れる
    すぐに購入
    • お気に入りリスト
    • 友達にすすめる
    • 商品についての問い合わせ

    FAX注文書

    品名: 一筆箋
    サイズ: 横:8cm 長さ:18.5cm
    重量: 約 50g
    素材: 紙
    作家: 杉江みどり
    ※実店舗でも販売しているため、時間差で在庫が無い場合があります。予めご了承下さい。
    ※数量限定販売の為 『在庫切れ』の際にはご容赦願います。
    ※商品は作家による手作りのため、色合い、形、大きさなどは画像と異なる場合がございますがご了承ください。


    ページトップへ